三軒茶屋の「麺処 禅」 2種類の鶏白湯ラーメンが楽しめるお店 塩もおすすめ

投稿 2018年12月5日 更新 2020年2月2日

三軒茶屋の「麺処 禅」というラーメン屋について。鶏白湯ラーメンの店。鶏白湯はもちろん、塩も美味しくておすすめです。


鶏そば



禅の鶏そば(麺増し、味玉)
鶏そば(麺増し、味玉)

濃厚な鶏白湯の鶏そばがこのお店のベーシックメニュー。店内に貼られた説明文を読むと、


国産鶏を丁寧にローストしコラーゲン豊富なもみじ鶏肉小骨そして大量の香味野菜を加えじっくりと煮込み一晩寝かせることにより鶏の旨味と野菜の甘味を最大限に引き出した一杯です

と書かれています。時間をかけて煮込まれたことを感じさせるこってり濃厚なスープでありながら、鶏白湯らしいスッキリした感じも残していて、とても美味しい。濃いけど体に優しいんじゃないかと思ってしまう味わいなんですよね。スープも全部飲み干してしまいました。


三軒茶屋にある麺処の禅鶏そばのスープ
鶏そばのスープ

見た目はそこまで濃く見えませんが、じっくり煮込まれているだけあって、少しとろみのある深い味わいのスープです。


麺

麺には黒い粒々がまぶされています。何かこだわりがありそうですね。それが何かは自分の舌では分かりませんでしたが、とりあえずスープと絡んで美味しかったです。


味玉
味玉

玉子も黄味の色が濃くて新鮮な感じ。


野菜
野菜

入っている野菜もシャキシャキして美味しい。細部にまでこだわりが感じられる、丁寧に作られた美味しいラーメンという感じです。


三軒茶屋の禅のスープにライスを投入したもの
スープにライスを投入

鶏そばのスープにライスを投入して卓上の岩のりをかけると雑炊っぽくなって美味しいです。少し塩とみりんを足せたら完璧なんじゃないかな。


禅そば



三軒茶屋にある麺処禅の禅そば
禅そば

こちらはお店の名前を冠した禅そば。

禅そばについても店内の貼り紙を引用すると、


鶏肉小骨もみじ野菜を圧力にかけ短時間でギュッと旨味を閉じ込めた見た目とは裏腹にあっさりクリーミーな白湯スープです


と書かれています。鶏そばがこってりなのに対して禅そばはあっさりのようですね。天下一品みたいだな。

見た目はこちらの方がこってりクリーミー…なんですが、食べてみたらあっさりしていて、スルスルと食べられる。


三軒茶屋にある麺処禅の禅そばのスープ
禅そばのスープ

こうやって見てもかなり濃厚そうなんですけどね。あっさりしていて戸惑いました。でもしっかりとコクのあるスープで美味しいんです。丁寧に作られた美味しいラーメンという感じ。

店員さんが「鶏そばの方がこってりしていて人気です」って説明しているのを聞いたので、お店としては鶏そば推しなのかもしれません。お店の名前を冠している禅そばではないのが面白いですね。名前を逆にしても誰も文句は言わなかったと思うけど、何かこだわりがあるのでしょうか。

ちなみに僕は禅そばも好きでした。天下一品であっさりを頼もうとは思わないけど、このお店ではその日の気分で使い分けてもいいんじゃないかな。


鶏つけそば(つけ麺)



三軒茶屋にある禅の鶏つけそば(つけ麺)
鶏つけそば(つけ麺)

つけ麺もあります。鶏つけそばという名前。


三軒茶屋にある禅の鶏つけそばの麺
鶏つけそばの麺

麺はラーメンと違って太麺ですね。


三軒茶屋にある禅の鶏つけそばのスープ
鶏つけそばのスープ

スープはもちろん鶏白湯。濃厚なスープに刻んだ玉ねぎが入っていて爽やかさも。


三軒茶屋にある禅のスープ割り
スープ割りもしっかり

スープ割りを頼むとちゃんと容器に入れて出してくれます。


三軒茶屋にある禅の味噌つけそば
味噌つけそば

味噌味のつけ麺もあったので食べてみました。だいぶ濃厚です。


三軒茶屋にある禅の味噌つけそばのつけ汁
味噌つけそばのつけ汁

「濃かったら言ってください」って言いながら提供されたので自覚もある模様。味噌は一回でいいやって僕は思いました。


岩のりを入れよう



岩のり
岩のり

岩のりを入れた鶏そば
岩のりを入れた鶏そば

三軒茶屋にある麺処禅の岩のりを入れた禅ラーメン
岩のりを入れた禅そば
上でも少し触れましたが、卓上に岩のりの入った瓶が置かれています。これを入れると味に深みが加わってさらに美味しくなるのでおすすめ。お店も推奨の食べ方のようです。

麺がなくなったあとのスープに岩のりを入れるのがおすすめです。いくら美味しくてもスープだけだと単調になってしまいますが、そこに岩のりを入れると麺があるときは違った風味が加わって楽しめる。


 三軒茶屋の禅のつけそばのスープに岩のりを入れたもの
つけそばのスープに岩のり

つけそばのスープのスープ割りを頼んだあとに岩のりを入れるのもおすすめです。


ランチセットがお得



三軒茶屋にある麺処禅のランチセット(唐揚げ)
ランチセット(唐揚げ)

お昼時には麺に唐揚げか餃子と、ライスが付いたランチセットも提供しています。ライスのかわりに味玉を選ぶこともできる。


三軒茶屋にある麺処禅の唐揚げ
唐揚げ

唐揚げは2ピースと少なく感じますが、1つが大きいので不満は感じないと思います。ご飯が進む感じ。


三軒茶屋にある禅のランチセット(餃子)
ランチセット(餃子)

餃子とライスが付いたセットもあります。こちらもライスか味玉を選べて、餃子も豚ニンニクか鶏しその2種類から選ぶことができます。


三軒茶屋にある禅の餃子(豚ニンニク)
餃子(豚ニンニク)

ランチセットの餃子は3個。唐揚げに比べると少し物足りなく感じるかもしれませんが、これもしっかり美味しい。単品だと6個で400円です。悪くはないのですが、東京餃子楼が6個で280円であることとの比較では分が悪いでしょうか。

というわけで、ランチセットは唐揚げの方がおすすめです。餃子は餃子で美味しいですけどね。


三軒茶屋にある禅のランチメニュー
ランチメニュー

880円ランチと950円ランチの2種類あります。鶏そばは950円で、それ以外は880円。僕は塩そばが好きなので、これのランチセットがお気に入りです。


禅の塩そばランチセット(唐揚げ、玉子)
塩そばランチセット(唐揚げ、玉子)
塩そばランチセット(唐揚げ、ご飯)
塩そばランチセット(唐揚げ、ご飯)

塩そばや煮干しそばもおいしい



三軒茶屋にある麺処禅の限定の塩そば
限定の塩そば

鶏白湯のお店であることは承知の上で、限定の塩そばも試してみました。

そしたらこれもまた美味しい。端麗な塩ラーメンなんですが、コクのあるスープに塩の味がしっかりと感じられてレベルが高いです。


三軒茶屋にある麺処禅の塩そばのスープ
塩そばのスープ

澄んだスープ。鶏白湯のスープとは見た目からして違いますね。色は薄いですが、味はしっかりしています。


三軒茶屋にある麺処禅の塩そばの具
塩そばの具
塩そば(ワンタン入り)
塩そば(ワンタン入り)

ワンタン
ワンタン

ワンタンも美味しかった。茂木に負けてないぐらい。


三軒茶屋にある麺処禅の塩そばに岩のりを投入
塩そばに岩のりを投入

塩そばにも岩のりを入れてみました。塩そばのスープにも合います。岩のりってラーメンと相性が良いのですね。


三軒茶屋にある禅の焼煮干そば
焼煮干そば


煮干しの入ったお酢を入れて
煮干しの入ったお酢を入れて

煮干しを使ったラーメンもメニューに加わりました。鶏白湯をベースに煮干しの風味が加わえられていてこれもおいしかった。野菜はシンプルにネギと玉ねぎだけですが、この玉ねぎが濃厚なスープに爽やかを加えてくれていておいしかった。

メニュー、アクセス



三軒茶屋にある禅のメニュー
メニュー

メニューはこんな感じ。アルコールやつまみもあるので、軽く飲むのもありかもしれないですね。自家製ベビースターが気になる。


禅のチャーシュー丼
チャーシュー丼
三軒茶屋にある禅の唐揚げ丼
唐揚げ丼

上のメニューには載っていませんでしたが、後からチャーシュー丼や唐揚げ丼も加わっています。これもなかなか美味しかった。…と思う。酔っ払って食べたからあんまり覚えてないけど。。


三軒茶屋にある麺処禅のレモンサワー
レモンサワー

酒は普通ですね。別にまずくはないので、軽く飲んでラーメン食べるような楽しみ方もありだと思います。


三軒茶屋にある麺処禅の外観
外観
三軒茶屋にある麺処禅券売機
券売機

お店の外観はこんな感じ。大きめの看板が付いているので分かりやすいと思います。場所も分かりやすくて、246の北側の歩道を駒沢方面に歩いていくとあります。阿夫利の手前。なかなかチャレンジングな場所を選んだなと思いました。このお店の手前には陳麻家や万豚記があります。

お店の場所などは食べログでチェックしてください。

👉禅を食べログで見る


あわせて読みたい


三軒茶屋のラーメン屋についてまとめています。三茶には藤しろ、臥龍という鶏白湯の人気店もあり、地味に激戦区。どれも美味しいのでおすすめですよ。

👉三軒茶屋のおすすめラーメン

ラーメンに限らず三軒茶屋のお店について色々と記事を書いています。

👉カテゴリー:三軒茶屋

ツイッターでは更新情報やブログで紹介していないお店に付いても。


0 件のコメント :

コメントを投稿

とりかつ たるたる 金いろ@三軒茶屋

投稿 2020年1月19日 更新2020年2月14日 三軒茶屋のFort Marketの中に「とりかつ たるたる 金いろ」という変わった名前のお店があります。ウェブサイトを見ると2019年5月にオープンしたみたい。 「とんかつ・牛カツに継ぐ第三のかつ業態『と...