シンガポールでカヤトーストを食べるならヤクンカヤトースト(Ya Kun Kaya Toast)がおすすめ

投稿 2020年12月13日

シンガポールの名物の1つであるカヤトースト。人気チェーンがいくつかあって、その中でも僕はヤクンカヤトースト(Ya Kun Kaya Toast)が気に入っています。

ヤクンカヤトーストのセットA
セットA

定番のセット。カヤトースト、半熟卵、コピで4.8ドル(400円弱)と値段も控えめでお得なんです。

ヤクンカヤトーストのカヤトースト
カヤトースト

オーダーしてから焼くからパンは焼きたてのサクサク。そこにバターとカヤジャムを挟んで出してくれます。

玉子を付けるのがおすすめ
玉子を付けるのがおすすめ


パンに半熟卵を付けて食べるのが定番の食べ方。最初はぎょっとするかもしれませんが、ぜひ試してみてもらいたい。日本のパンみたいにしっとりして甘みがあるなら玉子はいらないんですが、サクサクしてるだけで味気ないものなので、玉子を付けた方が食べやすくなるんです。醤油を垂らすかどうかは選べますが、甘いカヤジャムと合わさるとあまじょっぱい感じになって日本人好みだと思うので、醤油ありをおすすめします。

コピ
コピ

飲み物はこれまた定番のコピ。コーヒーのことなんですが、砂糖、コーンスターチ、マーガリンなどを加えて豆を炒った上で、お湯にパウダーを混ぜたものを濾して作る変わったコーヒーなんです。それに練乳と砂糖を入れてこってり濃厚にして飲むのがシンガポール流。最初は甘くてびっくりしますが、慣れると癖になる味わいなんですね。一年中暑くて消耗するこの国にぴったりな感じというか。

まだカヤトーストしか食べていないのですが、これから他も色々と試していきたいと思っています。

東京でも食べられる


このヤクンカヤトーストがなぜか東京にも出店しています。場所は新宿住友ビルで、公式サイトを見る限り、現地と同じメニューを同じような価格で提供しているみたい。シンガポールまで行かなくても本場のカヤトーストを味わうことができる貴重なお店と言えそうですね。

カヤトースト以外にもチキンライスやラクサといったシンガポールフードも提供しているみたいで魅力的。詳細は公式サイトをご覧ください。


あわせて読みたい


せっかく何年か暮らすのでシンガポールカテゴリーの記事もこれから充実させていくつもりです。

ツイッターではシンガポール生活について日々呟いてます。ブログで紹介していないお店についても。

👉ツイッターを見る 

グラニースミス三軒茶屋ラボ 三宿に行かなくても買える穴場

投稿 2020年5月3日 外観 三軒茶屋に 「グラニースミス三軒茶屋ラボ」という名前のお店があります。各店舗で販売するアップルパイを作る製造所のようなんですが、2020年2月からテイクアウト販売を始めました。 テイクアウト販売開始 この看板が目...