島根スサノオマジックのロバート・カーター ジョージア出身のジャーニーマンが日本上陸

投稿 2019年7月24日 更新 2020年2月2日




2019年7月24日、島根スサノオマジックがロバート・カーター(Robert Carter)選手の獲得を発表しました。




1994年4月4日生まれの25歳で、206cm 、114kgのパワーフォワード。このロバート・カーター選手の経歴を調べてみました。


ジョージアテック大学とメリーランド大学で活躍


ジョージア州で生まれ育ったロバート・カーター。高校生のときから注目選手で、同い年の選手達の中で30番目ぐらいという高い評価を得ていました。

同じ州内のジョージアテック大学に進学すると、1年生からスターターに名を連ね、2年間で49試合に先発出場します。平均で二桁得点をあげ、主力として活躍していました。

ところが、2年生の終わりに突如として転校を決意。このときジョージアテックは低迷していたんですよね。この環境では成長できない、NCAAトーナメントに出ることもできないという思いから転校を決意したようです。

転校先としてはメリーランド大学をチョイス。Big10というメジャーカンファレンスに所属している大学で、スポーツチームの愛称は"Terrapins"。

terrapinというのは北米原産の食用亀で、メリーランド州周辺にたくさん生息していることからこの名前になったようです。日本語でいうとキスイガメという品種だとか。

亀はさておき、この選択は結果として正解でした。転校すると1年間は試合に出られない(引き抜きの横行を防ぐため)ルールのため翌シーズンは試合に出られませんでしたが、その間に体脂肪率を18%から6%まで絞り込むなど肉体改造にも成功するとともに、パワー偏重からバランスの取れたプレースタイルに進化を遂げています。

翌シーズンは36試合すべてに先発出場すると、チームはNCAAトーナメントのスイート16まで進出し、カーター自身も所属するBig10カンファレンスのHonorable Mention(ベスト5入りは逃したけど優秀な成績を残した選手が送られる賞)に選ばれています。


ヨーロッパでプロ生活をスタート、日本へ


大学でもう1年プレーする資格のあったカーターでしたが、2016年のNBAドラフトにアーリーエントリーして大学を中退しています。

ドラフトでは惜しくも指名を逃しました。直前のモックドラフトでも名前があがるなど、2巡目で指名されるかも、という評価だったようですが。


👉Former Maryland Terrapin Robert Carter Aims to be a Steal in the Upcoming Draft

ウイングスパン、リバウンド時の嗅覚、faceup 4としての視野の広さなど天性の素質を高く評価される一方、パワー、スピード、ハンドリングスキル、シュートなどで飛び抜けた武器のない選手と評価され、さらにスタミナ不足やコンディショニングの拙劣さが問題視されていたようです。実際、メリーランドでも中心選手でありながら平均出場時間は30分を切っていて、大学でこれはかなり短い。

この記事の一番上に貼ったのがドラフト前のワークアウトの様子を納めたものです。これを見ると良い選手なんですけどね。まあ、NBAというのは甘くない世界ということでしょう。

NBAのサマーリーグでプレーしたあとイタリアのクラブと契約してプロ入りを果たしています。翌シーズンはリトアニアとトルコでプレー。そのあと中国のクラブと契約したものの中国には行かず、4ヶ月後にトルコの別のクラブと契約して今年の夏までプレーしていました。

トルコでプレーしているハイライト動画があったので貼っておきます。これを見るとスリーも打てるし、得点力があってリバウンドも取れる優秀な選手という感じ。



島根スサノオマジックの主力として活躍



日本にやってきたカーターは島根スサノオマジックでも主力として活躍しています。

2020年2月2日時点で32試合に先発出場して1試合平均21.5得点(ランキング4位)、10.1リバウンド(ランキング7位)という素晴らしい成績を残しています。さらに1試合あたりのプレータイムも35分を超えていて、大学時代は懸念されていたスタミナの問題もなし。島根の主力として活躍しています。

スリーポインターの決定率も高く(34.5%でリーグ14位)、隙のない選手という感じ。12月にチームがドゥワン・サマーズを獲得して外国籍3人体制が整ったことで消耗も防げるでしょうし、これからも高いパフォーマンスを見せてくれそう。

10勝25敗で西地区最下位に沈んでしまっているチームをB1残留に導くことができるか。後半戦でのプレーぶりにも注目したいと思っています。


あわせて読みたい


この夏にBリーグ入りした選手達について同じように書いています。

👉千葉ジェッツのニック・メイヨ(Nick Mayo) 惜しくもNBA入りを逃した逸材が日本でプロ生活をスタート

👉滋賀レイクスターズのチャールズ・ローズ(Charles Rhodes) アジアで実績のある熱いビッグマン

👉琉球ゴールデンキングスのジャック・クーリー(Jack Cooley) ノートルダム出身の熱いビッグマン

👉千葉ジェッツのコー・フリッピン(Koh Flippin ) カリフォルニア育ちの日本人がアメリカの大学を卒業して日本でプロ入り

他にもサンロッカーズ渋谷を中心にBリーグに関する記事をいくつか書いています。


👉カテゴリー:サンロッカーズ・Bリーグ

ツイッターではバスケについて日々騒いでいます。

0 件のコメント :

コメントを投稿

とりかつ たるたる 金いろ@三軒茶屋

投稿 2020年1月19日 更新2020年2月14日 三軒茶屋のFort Marketの中に「とりかつ たるたる 金いろ」という変わった名前のお店があります。ウェブサイトを見ると2019年5月にオープンしたみたい。 「とんかつ・牛カツに継ぐ第三のかつ業態『と...